白アリの被害

postheadericon ダニ駆除の方法

ダニは、繁殖出来る条件が揃っている環境下では、どんどん増えていきます。ダニ駆除した後などでも環境をかえないと再び発生してしまいます。ですので普段の心がけでも減らす事ができます。湿度が低くなると生きていけない為、部屋の風通しを良くして乾燥した風を通します。注意しておきたいのが、換気をマメにしていても、洗濯物を部屋干しすると湿度は上昇しますので、どうしても干さないといけない場合は、フローリングなど湿気を吸収しない部屋を選びます。

ダニ駆除についての歴史と今後
家庭においてダニ駆除やノミ駆除は、確実な効果を上げる対策はなかなか難しいものです。専門業者による本格的な駆除対策が確実ですが、問題のある業者も存在しますので慎重に選択する必要があります。家庭で手軽にできる方法としては、燻蒸・燻煙式の殺虫剤が一般的です。
この形態の家庭用殺虫剤は1950年代から売り出され、その後、蓋についているすり板によって煙を出すタイプ、水を入れて煙を出すタイプ、ボタンを押して噴射させるものなども登場し、現在ではその他にも様々なタイプが発売されています。
今後、さらに人々の生活条件に合った駆除対策に応えられるよう、より細かなニーズに対応する製品の開発が進められています。

日本の住宅環境が抱える問題は多々ありますが、害虫であるダニ駆除はその中でも困難な状況です。戦後の木造のタイプから気密性の高い都市型住宅へと変化し、住みよい環境になってきました。しかしその一方でその気密性の高さは、ダニなども繁殖しやすい環境へとつながります。
シロアリ駆除やノミ駆除など様々な問題点がありますが、ダニやハウスダストはアレルギーなどを引き起こす原因となるので、今後はさらにダニが増加しないように対策を講じる必要があります。

ノミ駆除の方法とは
ノミやダニ、シロアリと言った害虫の駆除は業者に依頼するのが一番早いです。
ノミ駆除専門の業者等もありますので、一度調べてみる事をお勧めします。市販されている薬剤を自分で使用し塗布する方法もありますが、被害に合っている範囲が広範囲であったり、量が多い場合、かえって逆効果になりかねません。
それぞれの害虫には、発生しやすい時期やしやすい場所がありますので、そのような時期や場所に、事前に自分で薬剤を塗布しておくことで、未然に被害を予防する事は可能です。

害虫駆除には色々ありますが、主にノミ駆除やシロアリ駆除やダニ駆除などが頭に浮かびます。害虫駆除の歴史を見ると、虫による害は天災であるとの位置づけがされていたのです。しかし、明治以降になると、害虫についての知識が入り、自分達で処理することが可能になったことが分かり、方法が確立されていくのです。
今後は、駆除するという考え方ではなく、寄り付かないようにするという予防の考え方が広まっていくことが考えられます。

ペットを家の中で飼っている人にとって、ノミをどうするかは忘れてはいけない課題のひとつです。家の中にノミが増えてしまうと、大切なペットだけでなく人間までも噛まれてしまうことがあります。刺されてしまった場合は皮膚科で痒み止めの薬を貰うと良いでしょう。そして、どうやって家のノミ駆除をするかを検討する必要があります。少ない段階ならば市販薬で対処することもできますが、多すぎる場合には手に負えないことがあるため、そんな時はノミ駆除の専門業者の手を借りるのが得策です。

白アリのアリ塚

postheadericon シロアリ駆除について

シロアリ駆除とは害虫駆除の一種で、害虫駆除にはダニ駆除やノミ駆除などもあります。シロアリ駆除では、成虫を駆除するのではなく卵や幼虫駆除をします。また、業者では駆除だけでなく薬剤散布やシロアリが巣を作らないような施工も行っています。

シロアリは予防がとても大切で、成虫となった羽ありが家の中に出てきたときには、被害はかなり進行している状態です。最近では家を建てるときに、専門業者に依頼をして薬剤散布などを事前に行う方も増えてきています。

シロアリ駆除の歴史
シロアリ駆除は防腐剤のない昔からいろいろな工夫がされてきました。通気性のよい建築構造で木の腐食を防ぐだけではなく、柱の周りに溝を掘ってそこに水や油を入れたり、「虫返し」と呼ばれる特殊な構造でシロアリの侵入を防いでいました。沖縄などのシロアリの活動が活発な熱帯では、家の周囲に餌として丸太を埋め、2~3ヶ月おきにこの丸太を焼いてしまう、という伝統的な手法が用いられてきました。

防腐剤ができてからは「クロルデン」という薬が一般的に使われてきましたが、この薬は強力すぎて人体にも影響を及ぼすことが判明し、1986年に製造、使用、輸入が禁止になりました。現在は安全を第一に配慮した薬が作られ、今後も安全かつ強力な薬の開発が進んで行くことでしょう。

シロアリ駆除業者
シロアリ駆除と聞くと、一部の悪徳業者がいたことで、「高額な費用を請求されそう」などの悪いイメージをもっている方もいますが、自己で処理しようと必死にあれこれ手をつくしても、うまくいかない場合が多いのが現状です。

よい業者を探すにあたって、価格が明確であり、見積書の提示がきちんと行われるなどのチェックをしましょう。必要以上に他のサービスをすすめたり、説明を省略したりする業者とは契約するのは危険です。

また、ダニ駆除やノミ駆除なども取り扱っている業者が多いため、害虫に悩んでいる場合、一緒に相談することができます。